夫を手のひらで転がす!もっと家事育児をする夫を育てる言葉

夫に、もっと家事育児関わってほしい、と思っていませんか?「家事育児をもっと手伝って!」じゃなかなか改善されません。でも少し時間がかかる方法ですが、確実に改善される方法があるのです

スポンサーリンク

男は“尊敬されたい”

男は生まれてから死ぬまで、“尊敬されたい”と常に思っているそうです。

夫は褒められると「妻から尊敬されている」と感じる事ができます。

“尊敬されている”と自覚があれば同時に責任感も芽生えます。この尊敬されているイメージを崩したくない・そのまま尊敬される自分でいたい、という承認欲求もでてくるので、仕事に対してのモチベーション・家庭を守る責任感はいっそう強くなるのです。

これは私やあなたに置き換えてみても実感することができます。

例えば、「料理が美味しい!」と言われたとします。次も期待に応えて美味しい料理を作ろうと思うはずです。「毎日忙しいのに掃除をしる君はすごいよ」と言われたとします。忙しくても掃除をしよう、家族が気持ちよく過ごせるように掃除がしたい、と思うようになるはずです。

夫も、褒められたことは「もっと褒められたい・もっと尊敬されたい」と思っています。むしろその気持ちは女性より強くもっているので、夫を褒める事は、夫を動かす為の重要なコントローラーになります。

「あなたのおかげ」の魔法

「あなたが子どもと積極的に遊んでいるおかげで、子どもも素直に育ってる」
「仕事と家事の両立は大変だけど、あなたが家事を手伝ってくれるおかげでやっていけてる」
「あなたがお仕事を頑張っているおかげで、何不自由なく生活できている」
「あなたのおかげで・・・」

この言葉の威力はすごいです。ちょっとしたことをこの言葉を使って褒めてみると、ほめた部分がどんどん伸びていきます。

子どもともっと積極的に遊ぶようになったり、もっと家事を手伝ってくれるようになったり、仕事のモチベーションが上がって給料がUPしたり。

夫を操作しちゃいましょう☆

スポンサーリンク

毎日イライラしている夫を改善中

私の夫は、短気でイライラすることが多いのです。仕事から帰ってきたら子どもがうるさくてゆっくりできないと怒鳴る。スマホがゆっくり見れないから「うるさい」と怒鳴る。

でも、子どもがうるさくしてもにこにこしている機嫌のいい日があります。そんな時はすかさず、

「あなたがニコニコしていると、子ども達も楽しそう」

と、嬉しそうに言うようにしています。(実際嬉しいです)

夫が自分勝手に怒鳴らなかった日は、「あなたが優しくしてくれるおかげで子ども達も優しく育っている」と言う事で、“尊敬できるあなたが見本なんだよ”という事実を伝えるようにしています。

「イライラするな!」ってゆう直球勝負じゃ、なかなか結果が出ません。でも「ニコニコしてくれてありがとう」というと、直接は言っていなくても、思い通りに行く確率は格段にあがります。

夫はもともと短気な性格なので、まだイラつく時は多いです。でも、イライラすることは減っていますし、イライラしないように、怒鳴らずにしつけができるように、自分で少しづつ工夫をするようになってきました。

さいごに

夫のいいところを探して褒める習慣を付ける事で、夫をコントロールできるようになります。

「夫を尊敬している事伝えるために、夫を褒める」事は、家庭内の雰囲気もよくしますし、子どもにもいい影響があります。もちろん妻であるあなたにもいい効果が。

夫のいいところを見つける習慣ができれば、夫を操作するコントローラーを手に持った状態なのです!

(Visited 2,536 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする