たった一時間!集中家事で一日が変わる!

一日かけて家事をしようとするから思い腰が上がらないのです。確かに家事の内容はたーーーくさんあるので、やろうと思えば一日中できます。でも一日中したくないですよね。

小さい子どもをみていればできない家事も多く、やらなくちゃいけないのに進まない、これじゃあストレスはたまる一方です。そこで一日一時間の集中家事はおすすめです。

一日ですべての家事が終わる方法!?そう思われた方、期待させてすみません・・・

要は一時間の間に一番めんどくさい家事、疲れる家事、子供がいるとできない家事を詰め込んで集中的にするんです。

たった一時間、頑張ればあとに残っているのは楽な家事。それだけで気持ちは全然違います。

私は料理が一番嫌いです(笑)なので料理の下ごしらえをその一時間の一部に取り込んでいます。いざ料理するときはまな板や包丁を出さないだけパパッと作り上げることができます。完全に作っておいて、冷蔵庫や保温鍋で保存できる料理なら作っておきます。

アイロンも苦手。一日多くても二枚まで、と決めてその一時間の間に取り込みます。

苦手な家事、めんどくさい家事を短時間で終わらせてしまえば、もう後は楽なもんです。

一日中家事をしている、という感覚の人は、脳内家事をしている人です。脳内家事とは、やらなくちゃいけない家事のことを常に考えていること。やらなくちゃと思っていてもタイミングが悪かったり、疲れていたりするとなかなかとりかかれません。その間もその家事のことはなかなか頭から離れません。

これ、無駄な時間、無駄なストレスですよね。考えている時間でめんどくささは倍増。そんなときに子どもがぐずりだしたらもうイライラせずにはいられません。

そこでこの一時間だけ!集中家事、おすすめです。

スポンサーリンク

★もくじ★

1.TODOリストを書く

2.一時間集中家事をする時にやってはいけない事

3.スタートの時間は?タイミングは?

4.その一時間がめんどくさい?

1.家事に取り掛かる前にTODOリストを書く

まずたくさんある家事の中から何をやるのか、明確にしなくてはいけません。洗濯物やアイロン、朝食弁当夕食、片付け床拭き、トイレ掃除にお風呂掃除、そのほかにもたくさーーーんありますね。

毎日やるべき家事と2,3日に一度のもの、1週間に一度のものもあります。まずは今日のやるべきことを書き出してみましょう。

その中で一番めんどくさいものや子どもが近くにいるとできないものを優先して一時間集中家事のリストに加えていきます。

リストにしながら大体その家事に何分くらいかかるのかも書き出してみましょう。合計時間が60分になれば一時間集中家事リストは完成。

もし時間を超えてしまうようなら、自分が本当ににこなせるかどうか考えてみましょう。無理、やだ!と思うなら、リストを見直して一時間以内に収めるよう工夫します。

見直してみて、子どもと一緒にできる家事、近くにいてもできる家事なら一時間集中家事のリストからは外します。例えばお風呂掃除をリストにいれていたとして、20分も時間枠をとっていたとします。風呂場の窓と浴槽、鏡だけ、という感じで分解すれば時間枠は10分で済むでしょう。今日できなかった分は明日に回してしまいましょう。面倒な家事は分解して毎日少しずつが一番です。

2.一時間集中家事をする時にやってはいけない事

まず大事なのはそれはなんといっても集中すること。TODOリストを見ながら動線を考えつつ事務的にこなしていきます。

時間を意識するのも大事。その家事に時間枠をつけているのでその時間内に収めるよう時計は常に確認します。

絶対にしてはいけないのが、その一時間の間は座ったり、スマホや携帯・PCを見たり、テレビをつけたりしない事!

たった一時間です。スマホが鳴ったら気が散るので電源もオフにしましょう。コーヒーが飲みたくなっても、一時間後のがまん。もう一度いいますが、たった一時間です!好きな音楽やラジオを聴きながら進めていくと楽しくなれるはずです。

大げさになりますが、これは自分に託したミッション。いかに時間通りにリストに書いた家事が完了するか、もしくは時間より早く終了できるか。

予定通りこなせたときの爽快感、達成感は癖になります。

スポンサーリンク

3.スタートの時間は?タイミングは?

誰にも邪魔されない、完全に自分だけの時間にしなくてはいけません。強くおすすめするのは朝、家族がおきる前の時間。

朝家事がおすすめの理由は前回もお話しましたが邪魔がなく、疲れがない時なのでやる気も起きやすいです。朝で終わらせることで、日中脳内家事をすることもなくなります。

何らかの理由で朝はできない、起きられない、そんな方でもできれば午前中に時間を確保してほしいです。

でも子どもがいてなかなか時間がとれない場合はお昼寝中がいいでしょう。

この一時間集中家事の目的は、子どもがいてもイライラせずに、時間に追われずに過ごすこと。小さい子どもが起きているときは予定どおり行かないのが当たり前です。本末転倒になるくらいなら、一時間集中家事は早朝にやらなきゃ、午前中にやらなきゃ、という概念は捨ててください。

4.その一時間がめんどくさい?

家事を詰めすぎてやる気が起きないですか?でも考えてみてくだい。どうせやらないといけない家事です。後回しにしたところで結局あなたがやることになります。

後回しにすればするだけめんどくささは倍増し、ストレスは増しイライラすることになります。

どうせやるなら後回しにせずさきにやる。一番賢い方法です。

もう一度言いますがたった一時間。時間がかかりそうな家事は分解して短縮する方法を考えましょう。

自分へ頑張ったご褒美を用意するのもいい方法です。

一時間後にはそのお褒美が待っています。その日一日、そのめんどくさい家事から解放されます。とりかかるのにお金もかかりません。まずはやってみましょう。

(Visited 3,725 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする