料理が苦手な人が必ず片付けすべきなのはこのスペース!やる気が沸く秘密

料理をスムーズに始めるコツは、キッチンのスペース確保にあります。目的別にスペースをとっておくことで、料理に取り掛かりやすくなり、時間と電気代の節約につながります☆

スポンサーリンク

料理に三つのスペースが必要なわけ

料理に必要なスペースは、調理をする場所と出来上がった料理を置く場所だけではありません。

料理をスムーズにする為には、最初に使う材料をすべて出しておく必要があります。

なので料理を手早く進めるには、調理をする場所と、出来上がった料理を置く場所と、あと一つ材料をすべて置いておくための場所、全部で三つのスペースが必要です。

材料をすべて出しておく理由は?

材料をすべて出しておく事で、何をどう作るのか、何から切ればいいのか、同時にできる作業はあるのかなど判断しやすくなります。

一気に冷蔵庫から出すことで、何回も冷蔵庫を開ける必要がなくなり時間も節約になりますし、電気代の無駄もなくすことができます。

“出発点”を意識する

料理を始める前に材料をすべて置いておく場所なので、いわばこの場所が料理の出発点になります。

その場所に物がごちゃごちゃ置かれていると、まずその場所の片付けから始めなくてはいけません。それでは料理をするのが面倒と思ってしまうのは当たり前!

なのでその場所は意識していつでもきれいに何も置かないようにすると、料理をする前のハードルが下がって取り掛かりやすくなります。

スポンサーリンク

キッチンが小さい私の場合

とはいっても小さいアパート住まいの場合はそんなにスペースがとれなかったりします。

私のアパートもそうですが、調理スペース以外にスペースは一つだけ。つまり、出来上がりの料理を置くスペースと、材料を置くスペースは共有です。

なので私はそのスペースにトレーを並べて、出来上がった料理はそのトレーの上に。材料はトレー以外の場所へと決めています。

その他にも、起きたら朝一でそのスペースに置かれているものを片付てできるだけ広く使えるようにするなど、料理を始める前のハードルを下げる工夫をしています。

まとめ

1.料理を始める前に、材料はすべてだしておく。

2.材料を置く為のスペースは常にきれいな状態を保つようにしておく。

それだけで料理を始める前の「めんどくさい」から抜け出すことができます☆

(Visited 3,200 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はな より:

    料理のスペース確保、重要ですね!
    いつも出来上がったものや、途中段階など、点在してすごく効率が悪いときがあります。
    参考にしてみます。
    あとりか子さんは献立は3日分立てるとありましたが、内容は食べたいもの?などで決めるのでしょうか。我が家は長男が肉類が苦手で献立を考えるのに苦労しているので、何かアドバイスあれば教えてください。献立がなかなか決まらないと買い物、朝に作るがうまくまわらず、、、。

    • りか子 より:

      はなさん、こんにちは!
      長男君は肉類が苦手なのですね(>_<)好き嫌いがあると、献立作りから苦労ですよねー・・ 我が家も長女と長男、それぞれ好き嫌いするものが別々で、悩まされています。 参考にならないかもしれないのですが、基本的には『食べてくれるもの』を作っています。 なので必然的にレパートリーは少ない状態。 手をかけるのが時間が少い料理や、料理に時間をかけられる時は、挑戦的に新しい料理を作ったりしています(2週間に一回ほど) 私は手帳に献立をすべて記録していて、スムーズに食べた料理や好き嫌いで食べるのにてこずった料理を記録しています。 基本的にはその“スムーズに食べた料理”の中から三日分の献立を決めていく&クックパッドからいいレシピがあれば加える、という感じです。 でもたまに、子どもに合わすのをやめて、完全に大人向けの料理を作ることもあります。 『子どもたちは保育園で栄養たっぷり食べてるから、たまには夕御飯は少量でもいいよね!』と諦める気持ちで(笑) 意外と食べてくれるレシピがあったりと、発見があります。 スムーズに食べた料理を基本に献立を考えて、付け合わせ的な量で肉料理も用意するか、長男くんが苦手と思われる料理は週一くらいの割合で献立に入れて考えるというのはどうでしょう(^^) 好き嫌いに関してはいろいろな意見がありますが、やはり私の意見としては、はなさんが笑顔の食事タイムが子どもにとって一番の栄養&精神安定になると思っています☆ はなさんが一番笑顔でいられる方法を優先でいいと思います!お肉の苦手な長男くんも、笑顔がたくさんの食卓にいるといずれ絶対に食べるようになります。 はなさんも、ぜひ献立を手帳に記録するやり方を試してみてくださいね☆ またコメントいただけると、励みになります!ありがとうございます(*^^*)