2018/07/29

夫が嫌い。育児が辛い。イライラとストレスで泣きたくなったら読んでほしい本

 
離婚してもいいですか

この記事を書いている人 - WRITER -
30代半ばの兼業主婦。7歳5歳3歳の子供たちと夫と田舎のマンションで暮らしています。 イライラするのは、子供が悪いのではなく、自分に余裕がないから。 自分をコントロールして家族の笑顔を増やす方法を、ブログに綴っています。

本屋さんで見たこの本。

少し見ただけで、号泣しました。

専業主婦の主人公の気持ちが痛いほどわかって・・

何もしない理解してくれない主人公の夫に、怒りを通り過ぎて思わず息が止まりました。

でも、「特に酷すぎる」なんて話ではない。

子育て中の主婦のあるあるなんだと思うんです。

夫が嫌い。子育てが辛いと思ったら、ぜひ読んでください。

Kindle(電子書籍版)もこちらから▷

本を読んだ感想

本というよりもコミックエッセイなので、漫画です。

なのでサクサク読み進めることができました。

ゴロゴロスマホをいじる夫の横で、赤ちゃんをおんぶしながら料理をする主人公の翔子。

昼間は小さい子供2人に振り回されて、なんとか作った料理に夫は毎日厳しい点数をつける。

「70点」

夫に部屋が散らかっていることに対して文句を言われ、「ごめんなさい」しか言えない翔子。

自分も頑張っていることを主張すると、「楽でいいなー俺も専用主婦になりたい」と言われ・・・

メイクをしてないことで、他の女性と比べられる。

夫が機嫌が悪くなると子供にも影響があるから、できるだけ不満を言わずニコニコしている主人公。

なんだか一昔前の私がそのままで、本当に心がキューっとなりました。

離婚してもいいですか

久しぶりに漫画を見て泣きました。

あなたは一人じゃない

理解してくれない夫を支えて、
子供の笑顔を守るママ。

幸せなこともあるだろうけどそれはほんの一瞬かもしれない。

その一瞬を糧に、毎日自分の本当の気持ちを殺して不満を抱え込んで家庭を守っている・・・

辛さや言葉にできない不満を代弁してくれているような本でした。

客観的に、

主婦ってすごいな、頑張ってるな、私、偉いなって、気づいてほしいです。

さいごに

本棚に置いてて、なんとなく当時の夫の目に止まったら夫はどう思っただろう・・
なんて思ったりして(笑)

この本のいいところは、主婦目線だけではなく、夫目線からも子供目線からも心情を描いているところ。

「私が悪い」「夫が悪い」

そんな、【誰かのせいにする】という無意味さにも気付けるのかな、と思います。

夫が嫌い。離婚したい。

そう思ったら、ぜひ読んで見てください^ ^

本の感想も見ることができます↓

Kindle(電子書籍版)もこちらから▷

(Visited 1,189 times, 6 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
30代半ばの兼業主婦。7歳5歳3歳の子供たちと夫と田舎のマンションで暮らしています。 イライラするのは、子供が悪いのではなく、自分に余裕がないから。 自分をコントロールして家族の笑顔を増やす方法を、ブログに綴っています。
 

Copyright© イライラしない子育ての方法 , 2018 All Rights Reserved.