「時間がない・足りない・もっと欲しい」問題は、時間があっても解消しない。解決方法はたった一つ

「もっと時間があれば家事が全部できるのに・・」
「時間が足りないせいで子どもにイライラしてしまう」
「自分の好きな事ができない。時間がない・・」

たしかに何かをする為には時間が必要です。

でも、時間があればすべて解決するというわけではないのです。

スポンサーリンク

あればあるほど無駄にする

時間は余裕があればあるほど無駄になっていきます。

ぼーっとTVを眺めている時間も、なんとなくスマホでSNSチェックしている時間も、PCでだらだらネットサーフィンしている時間も、あっという間に過ぎてしまいます。

人は、時間があればそれを浪費してしまうのです。

いかに“意識”できるか

「時間がない」問題は、本当に時間ができたところで解決しません。

いかに“時間を意識するか”

これが、時間がない問題を解消するただ一つの方法だと思います。

家事の時間を意識する

家事も、やるべきことを明確にして時間を意識すれば無駄なく終わります。

時間に余裕があると、だらだらゆっくりと作業をしたり、他の事をしながら作業をしたり、無駄に丁寧に作業をしたりと、時間の余裕分を全部使い切ってしまうことに。

だから作業内容を明確に、時間を意識する必要があるのです。

【関連記事】
家事を明確にするためのTODOリストの書き方
家事が膨張するパーキンソンの法則

ワクワクする気持ちが時間を作る

自分が心から好きでやりたいことがあると、時間ができます。

「そもそも時間がないから趣味をする時間もない!」と思ってしまいますが、『やりたいことをする』と決める事で生活の中に散りばめられていた無駄時間が集結するのです。

といっても自動でそうなるわけでなく、やりたいことをする為に時間に意識が向くので、無駄を省く工夫をするようになるということ。

せっかく時間に余裕があってもやりたいことがなかったら無駄に過ごしてしまい、結果充実の時間を過ごせずに「今日も時間がたりない」と思う事になってしまいます。

【関連記事】
主婦の「時間がない」の原因

スポンサーリンク

私だって、ごろごろしたい!

時にはごろごろしたり、TVの前でだらだらと過ごすのも、大切だと思っています。

でも、「なんとなく」だらだらすることは、避けるべき。

「なんとなく」が時間を無駄にする一番の敵です。

もしだらだらしたい時は「だらだらしよう!」と決めること。

それが、あとあと後悔しないだらだら時間の過ごし方だと思います。

【関連記事】
だらだらしてはいけないの?

さいごに

できないことがあると、「時間」のせいにしていませんか?

「時間が増えればいいのに」

そう思っているうちは、もし時間ができてもまた、「時間が足りない!」の悪循環に陥ってしまいます。

一日24時間、これは変えられない一方で、理想で充分な時間です。

無駄を省いて、幸せを感じられる時間を増やしましょう(^^)

(Visited 1,009 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする