家事に追われる時の対処法~無理せず楽にTODOをこなす主婦の知恵

私は、家事に追われている!と感じたら頭の中にある「やるべきこと」を一旦全部紙に書き出すようにしています。

今やるべきだとわかる、炊事洗濯以外にも、請求書の支払いだとか市役所や銀行での手続きだとか歯医者の予約だとか、今できないことや小さい事も、とりあえずぜーんぶ書き出す!

そうすることで、子どもいるときのイライラを回避して、楽しい子育てができるように工夫しています。

スポンサーリンク

とりあえず書き出す8つのメリット

頭の中のざわざわが消える

嫌な家事ほどいつのまにか後回しにしてしまうもの。

しかもそれが、「やった方がいいけど急ぐ必要はない」家事の場合はズルズル行ってしまいます。

それの何が良くないかと言うと、忘れたつもりでも頭の中にはずっと残っていること!

嫌いな家事であればあるほど、忘れようとしても忘れられません。

頭の片隅に「脳内家事」として居座り続け、ふとした時に思い出す嫌な状態になってしまいます。

しかし、見て見ぬふりを辞めて紙にしっかりと書くことで途端に脳内家事は終わります。

頭の中でざわざわしていたタスクが静かになって、考えやすくなります。

「忘れない」と安心できる

紙に書き出す事で、「忘れない」と安心できます。

見て見ぬふりをしていた家事を「忘れない」ようにするってなんだか矛盾してるように思いますが、実は見て見ぬふりしていた家事は、やりたいことでもあると思うのです。

つまり面倒で嫌だけど、“その家事をやった状態”になりたいってこと。

例えば、カーテンの洗濯が面倒でイヤで後回しにしているけど、“カーテンを洗濯してキレイな空気が流れる状態が好き=カーテンを洗濯した状態になりたい”、ってことです。

だから面倒で嫌だけど、ずっと頭の片隅で「カーテン洗濯した方が気持ちいいよ!忘れないで!」って、主張してくるタスクに対して、「大丈夫!分かっているよ!忘れないよ!」と伝える為に、しっかりと紙に書きだします。

「忘れない」とわかったタスクは安心して、主張を辞めて順番を待ってくれるようになります。

優先順位がはっきりする

「食器がこんなに溜まって面倒だな。あ、そうだ!病院へ予約の電話もしなきゃいけない!役所にもいかなきゃいけないんだった!明日行けるかな?その前に郵便局にも電話しなきゃ。キャー洗濯物まだしてなかったー!玄関も靴がごちゃごちゃー!明日のお弁当の準備もまだしてないし、その前に食器洗いしなきゃ!もーイヤ!」

頭で考えているだけだと、数秒ごとに考えが入れ替わって全く整理できません。

同じ仕事の整理なら頭の中だけでできるかもしれませんが、家事となると本当にいろんなジャンルを扱うので、頭の中だけではジャンル別で覚えておくことが出来ないのです。

そこで紙にすべて書き出す事で、優先順位がはっきりします。

「食器洗いは今しないといけないけど、予約の電話は郵便局へ電話するときに一緒にすればいい。先に洗濯機を回しておいて、その間に食器洗いと電話の用事を終わらせよう」とか、

「役所の手続きは今日はもうできないから焦っても仕方がない。明日の弁当の下ごしらえをしよう。時間がないから玄関の片付けは明日にしよう」とか。

頭で考えているだけと紙で書き出すのでは、全然違います。

家事を減らす方法がわかる

書き出して大きな家事の塊ではなく一つ一つの家事がはっきりすることで、ママ以外の人でもできる家事がはっきりします。

「洗濯物は夫にお願いしよう」
「玄関の靴ならべは子どもにお願いしよう」

自分だけで請け負わず、家族にうまく分担するのは一番要領のいい方法だと思います。

無駄に焦らなくなる

のんびりしたい時ほど思い出すのが“見て見ぬふりしている家事”です。

書き出すだけで、「今焦っても仕方がない」「今はリフレッシュが大事」と、変に脳内家事に焦ることはなくなります。

同じ時間でもストレスなく過ごすことができるのです(^^)

家事が楽になる

家事を楽にする方法は「集中すること」だと考えています。

集中してやるとその家事の事を“面倒”と思うことなく、いつの間にか終わっているので楽なんです。

紙に書いてTODOが整理整頓されると、頭の中でTODOがごちゃごちゃしている状況と違って、一つの家事に集中して行うことができるように。

そうすることで、結果的に一つ一つの家事が効率よく楽に終わっていきます。

スポンサーリンク

自信が出る

すべてのTODOを見て見ぬふりすることなく把握することで、自信がでます。

自信がある=余裕がある人になれます。

イライラしなくなる

育児中の家事は、やるべきことが次々と降ってくるような状態!

頭でも覚えてられないし、やってもやっても追いつきません。

できなかった家事は、脳内家事として慢性のストレスに。慢性のストレスは、子どものちょっとした失敗にも怒ってしまうような余裕がない状態を作ってしまうのです。

紙に書き出す事で、ストレスの元になる“できなかった家事”を頭の中から追い出すことができます。

イライラしない子育ての第一歩!

さいごに

家事をすべてこなすことに勝る方法はありません。

しかし、仕事・時間の都合でその日にできない事もあります。

そこで家事を完璧にすることを諦めた結果、「紙に書き出す」という方法に落ち着きました。

家事が思い通りに終わらずイライラする、という方にお勧めの方法です(^^)

(Visited 1,591 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする