育児中、ママが犠牲になるのは当たり前?優先するのは子どもより自分だと思うわけ

子育て中はどうしても、ママは自分の事を後回しにしてしまいがちです。

自分を犠牲にして子どもを優先するのが正しいのでしょうか。

私は、子どもが生まれても自分優先って大事だと思います。

スポンサーリンク

イライラの原因は自己犠牲

自分のやりたいこと、行きたいところ、食べたいものを全部我慢して子育てをしていると、どうしてもストレスが溜まります。

ストレスはイライラの元!

いくら子どもが可愛くても、ママは人間であることに変わりありません。

“出産すると、すべての欲求がなくなる”なんて機能、人間には備わっていないのです。

自分の犠牲にする子育てのデメリット

我慢する事を続けていると、「子どもの為に自分を犠牲にしている」という感覚に。

自分を犠牲にする子育ては辛いです。

  • イキイキしていない
  • 笑顔がない
  • イライラする
  • 常に不満がある
  • 子育てに不安がある
  • 子どもが可愛く思えなくなる
  • 子どものせいで辛い、と思うようになる
  • 自分を犠牲にしないと子どもが育たない、と思うようになる
  • 子どもの重荷になる
  • 楽しそうなママ友が嫌いになる
  • 自由な夫が嫌いになる
  • 「時間もお金も自由もない」と自分で自分の首をしめる

子どものためと思って自分を犠牲にしていると、結局は子どもも犠牲になってしまいます。

酸素マスクは子どもより親

質問:飛行機の酸素マスクを付ける時、子供より先に自分につけるよう指導しているのはなぜですか?

答え:ご自分が酸欠ではお子様に対処が出来ないから。

参考/YAHOO!知恵袋 

まずは自分、そして子ども。

日々の生活でもそうですが、心に余裕がないと子どもに対して笑顔で接することはできません。

余裕がないところからは余裕は出てこないのです。

自分が幸せじゃないと子どもも幸せじゃない

自分が満たされていないと、子どもの心を満たすことなんてできません。

自分の不満は、子どもにとって“不機嫌なママ”という不幸せな状況を作ってしまっています。

子どもに幸せになってほしいなら、まず自分を大切にする必要があるのです。

【関連記事】
子育ての悩みが育児書で解決しないのは、順番が逆だから

スポンサーリンク

ママ優先で家族が笑顔になれる

平日の有給は自分の為に使っていいし、美容室やネイルに行ってリフレッシュしていい!

子どもに内緒で美味しいモノを食べてもいいし、もっと自分が楽できるように子どもに家事を教えるならパーフェクト!

気持ちに余裕ができたママは子どもにも夫にも優しくなれます。

家事ができるようになった子どもは自分に自信がつきます。

「ありがとう」をいう事・言われる事でイキイキします。

協力することの大切さを学びます。

ママがニコニコで話を聞いてくれる事は「愛されている」実感になります。

子どもが何か失敗してもすぐに怒らないママの器の大きさは、子どもの自己肯定感や幸せにつながります。

幸せなママの姿は、子どもも夫も笑顔にしてしまうパワーがあると思うのです。

さいごに

もちろん、自分を優先にしすぎるのは良くないですが、子ども優先にしすぎも良くないです。

バランスが大事!

子育て中はいつのまにか子ども優先になってしまうから、「最近イライラするな」と思ったら「最近我慢しすぎてなかったかな、ちゃんと自分も大事にしてたかな」と振り返るのが大事だと思います。

子どもがいると妥協しないといけない事はたくさんあるけど、すべて妥協しないといけないわけじゃない!

「子どもの為」と考えすぎず、意識して「私の為に」できる事を考えてみてはいかがでしょうか(^^)

(Visited 2,245 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする