「休日が家事で終わる」「日曜日は家事をしたくない」とにかく面倒を回避する私のTODOリスト

【主婦の日曜日】休日の家事TODOリスト

このTODOリストは、ある日曜日の朝に私が書いたリストです。

いつもは休日でも子ども達より早く起きるのですが、前日夜に友達と遊びに行った為、この日は子どもたちと同時に起床。

朝起きた時、「洗顔すら面倒」と思ってしまう状況でした。

そこで「洗顔」をもタスクにわざわざ入れたTODOリストを書いてみました。

スポンサーリンク

休日のTODOリストの基本は「面倒に感じること」

  • 洗顔(5分)
  • コンタクト(5分)
  • メイク(15分)
  • 食器片付け(5分)
  • 食器洗い(10分)
  • 洗濯物回す(1分)
  • 洗濯取り込み(5分)
  • 洗濯干し(10分)
  • 洗濯たたみ(15分)
  • 寝室片付け(10分)
  • リビング床片付け(5分)
  • キッチン床片付け(5分)
  • ハイター詰め替え(3分)
  • 玄関片付け(5分)
  • お風呂(浴槽)掃除(3分)
  • 昼食のメニューを決める(10分)

この日のリストにはこう書きました。

普段なら書かない“洗顔”や“コンタクト(をつける)こともTODOリストに書いた理由は「面倒に感じたから」。

ハイターの詰め替えなんてちょちょいとやってしまえばいい話なのに、わざわざ書き出したのは「面倒に感じたから」。

リストを書くときに頭にでてきたタスクは、小さくても大きくてもとりあえず紙に書き出します。

優先順位を決めないTODOリスト

何もかも面倒、だけど何か進まないと何も終わらない・・!

そんな日は、できることからTODOリストをこなしていきます。

家事に集中できる時なら、時間を全部足して「終了時間」を書くことがおすすめ。

(今回のリストなら107分。約1時間50分で完了)

ですがこの日は日曜日で子ども達がいました。

家事だけに集中はできないのでそんな時はあえて終了時間は書きません。

終了時間は書きませんが、それぞれの家事の目安時間を書くことで、一つ一つの短い作業の効率を上げます。


リストを見て、「これならやってもいいな」ってことをこなして、横線で消してく。

コンタクトを装着し、洗濯機に服と洗剤を入れてスイッチを押す。ついでにハイターを詰め返る。

これだけでいつの間にか3つのタスクを消すことができました。

スポンサーリンク

やる気がでると勢いがでる

食器を片付けをして勢いで床の片付けもします。

そのついでに玄関とリビングもちゃちゃっとお片付け。

次に何しよっかな、とTODOリストを見て、今やった事を横線で消します。

【主婦の日曜日】休日の家事TODOリスト

もう結構消せてる!なんだかやる気がでてきます。

その間にちょこちょこ子ども達の相手をして中断しても、やるべき事を書き出しているおかげで、「やることを覚えておかなくちゃ。忘れそうで不安だから早く家事を終わらせてしまいたい」と変に焦ることはありません。

途中、思い出した追加の家事も、TODOリストに追加で書き出しておきます(^^)

関連記事
家事が予定通りに終わらない原因

さいごに

【主婦の日曜日】休日の家事TODOリスト

右下に書いた時間は、このTODOリストを書いた時間をメモしました。

子どもと一緒にいるときの家事に終了時間を書くと、その時間内に終わらそうとしてイライラの原因に。

でも開始時間を書くと穏やかに時間を意識する事ができるので、無駄なだらだらを防ぐ効果があります。

この日は、途中で昼食を作る必要がなくなったので家事が減ったのもあり、午前中にすべて終えることができました。

休日の家事は、だらだらすると容赦なく時間を奪っていきます。
面倒と思うことこそリストに書いてみましょう。
やるべきことを終えた後が、“本当の休日”です(^^)

(Visited 13,332 times, 5 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする