家事が面倒で仕方ない時にやる気を出す方法~5分家事がズボラの味方

全然やる気のない時ってあります。

そんな時はとりあえずTODOリストを書いて、とりあえず時間を書いてみます。

5分くらいの家事を書くのがおすすめ。

長く時間がかかる家事も細かく分解して5分以内で書いてみましょう。

スポンサーリンク

たった5分の家事にする

例えば大量にあるお皿の洗い物。

“コップだけ洗う”とか“お皿を10枚だけ洗う”とかって書くと5分の家事が出来上がります。

大量の洗濯物も、

“白物を洗濯機にいれて回す”“タオルだけ畳む”こんな感じで分解して書きだします。

書き出したら、その中からできそうな家事を選びだします。

「コップだけ洗ってみようかな」

「タオルだけ畳んでみようかな」

「洗濯物を洗濯機に入れてみようかな」

それぞれ1分とか、長くても5分で終わる家事です。

優先順位は考えず、できるものからやっていく。簡単なものをやって横線で消していく。

すると、少ししかやってないのに確実に家事を進むし、最初よりスッキリしてきます。

超ズボラでナマケモノの家事の方法ですが、やる気がないからってだらだら後回しにするより賢い方法だと思っています。

さいごに

やる気がない時、やる気になる方法はたった一つ。

「少しでも行動する事」だそうです。

その最初の一歩に、“家事を細かく分解して書くこと”はおすすめ。

たった1分、5分の家事が、やる気を作ります(^^)

(Visited 2,568 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする