タスク管理はアプリ?手書き?~TODOリストを横線で消すことの5つのステキな効果

TODOリストは手書きをおすすめしている私です。

そして手書きの良さは“ペンで横線をひけること!”

消しゴムで消したり、フリクションボールペンのように文字を消したりするんじゃなくて、あくまで横線で消すことが大事だと思っています(^^)

家事の要領が良くなるTODOリストの書き方はこちら

スポンサーリンク

こなした家事は忘れてしまうから

家事ってもとに戻す作業なので、やり終えるとあまり覚えていません。

それどころか、数時間たつとまた同じような家事をする必要がでてきます。

消しゴムで文字ごと消してしまうと、そこに書かれていた“やり終えた家事”が思いだせなくなってしまいます。

忘れても支障はないんですが、少しでも時間をかけた作業。

やり終えた家事と一緒に自分の頑張りを忘れてしまわない為にも、横線で引くといいです(^^)

自分を褒める材料になる

横線がひかれたリストを見て、「こんなに頑張ったんだ!」と再確認できます。

まだやり残している事があっても、横線をひいた家事に注目する事で、「100点ではないけど、80点くらい。私って結構頑張ってる!」と思えます。

少しでも自分を褒めることは、“自己肯定感”を上げる効果があります。

スポンサーリンク

線を引くのが癖になる

線を引くのって楽しい!

TODOアプリも場合によって使う事もありますが、アプリだと画面をタッチするだけで横線が出現します。

それでもTODOリストの役割としては十分なんですが、細かい話、“洗濯物をたたむ”と書いたら、“洗からむ”まで自分でペンを動かして消した方がなんだかスッキリするのです。

ストレス解消にも

家事のTODOリストは、目の前の状況と連動します。

家がスッキリするたびに、リストの横線が増えていく。

リストの横線が増えていくたびに、やるべき家事が少なくなっていく。

横線を消すごとに家事へのストレスも減っていきます。

後になって、「私はこれだけやった!」ということがわかるものが、ストレスマネジメントの観点からは重要です。
ToDoリストをつくれば、効率化だけでなくストレス軽減になる

todoリストによるストレスの軽減は、実際にストレスマネジメントという観点で効果があることがわかっているようです。

さいごに

アプリでの家事タスク管理に物足りなさを感じてきたら、手書きを試してみて下さい。

線を引いてタスクを消していく快感は、手書きならではです(^^)

(Visited 1,357 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする