家事育児に理解のない夫を変えるのは職場復帰の時がチャンス。家事を頑張りすぎない事が大切

家事育児に理解のない夫を抱えての、職場復帰・共働きは大変です。妻は仕事に、子どもは保育園に。ライフスタイルが変わった時は、夫の理解を得る大きなチャンスです!

スポンサーリンク

共働き、最初がチャンス

今まで専業主婦として自宅で家事育児を担っていた女性も、職場復帰して共働きになると、今までのようには家の仕事ができなくなります。

時間の配分が違ってくるから、物理的に仕方のないことです。

いつものように部屋が片付いてなかったり、やりたいことができない状況でも、最初のうちは無理してやろうとしないでください。

というのは、夫に家事育児の理解を得られるのは、その時がチャンスだと思うからです。

無理してもいいこと無し!

仕事に復帰してから専業主婦の時にしていた家事をすべてこなそうとすると、かなり無理をすることになります。

子どもとまったりする時間もなく、自分の時間もなく、睡眠時間も削って、疲れが取れないまま、また仕事に。

そんなことしてては体を壊しますし、ストレスが溜まってイライラします。家族のために共働きを決心した結果だとは思うのですが、母親が体調を崩す&イライラして怒りっぱなしの状態は、家族にとって悲しい事でしかありません。

思いやりなし夫に育てないために

夫の協力と理解があれば、状況はかなり変わってきます。

今まで専業主婦で、「俺は仕事・お前は家の仕事」と割り切って生活していた夫も、共働きになると今までとは何かが変わることは分かっていると思います。

なのにそこであなたが無理をして今までと同じくらい家事育児をこなしてしまったら、「なんだ、俺が手伝わなくてもできるのか」と勘違い。

そうなるとあとあとあなたに疲れが溜まってきて、家事育児の協力を求めた所で“勤務時間と給与の違い”を理由に、まったく協力してくれない、という『理解なし思いやりなし夫』を生み出してしまう可能性があるのです。

スポンサーリンク

職場復帰後、一番だいじな時間

産後の職場復帰したら、一番とってほしいのは実は“子どもとの時間”

今までの生活と大きく変わって、小さい心にもそれなりに負担が来ています。

子どもとごろごろTVを見る、絵本を読む。そんな時間があったら家事をしたい!と思ってしまう事ですが、復帰後は家事は頑張りすぎないこと。

子どもとの時間をしっかりとると、子どもの心も安定するのであとあとが楽になります。

さいごに

ライフスタイルが変わった時はすべてがうまくいかないと思うはずです。

そんな時、あなただけが頑張るのではなく、夫も頑張ってもらう必要があります。

今までのように片付いていない部屋や洗濯物が追い付いていない状況を見ると、どんなに理解のない夫も「仕事を始めると間に合わないのか」という事は察するはずです。

人間、人に言われるより自分で気づく方が一番理解できるもの。

職場復帰した時は、家事よりも子ども時間。

家事は頑張りすぎないことが、家族のためです。

(Visited 1,158 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする