イライラしない子育ては現実的?本当にめざすべき事とは

子育てをしていてイライラしない人はいるのでしょうか?

私は、毎日責任をもって育児をしている限り、どうしてもイライラはつきまとうものだと思っています。

では、イライラしない育児は夢物語で目指すだけ無駄なのかといえば、決してそうではないのです!

スポンサーリンク

子育てでイライラするのは当たり前!

このブログはイライラしない子育ての方法という名前ですが、あまり現実的ではないと思う方もいるかと思います。

毎日一緒にいて、言葉も通じない、一人では何もできない、時間も手間も取られて、ママは自分の事をほったらかしで子どもの事をする。

確かにどんなに子どもの事を好きでも、不安や自由のなさから心の余裕をなくし、イライラするのは避けて通れません。

本当のイライラしない育児とは

イライラしない育児の目指すところは、言葉通りの「イライラしない事」ではありません。イライラしても、冷静でいられること、我を忘れて怒鳴り散らさないことです。

自分をコントロールして冷静でいられることができれば、まだ何もわからない子どもに意味もなく怒鳴って、子どもに恐怖心を与える事はありません。

冷静に子どもの事情を考慮して適切なしつけができるようになります。

ママ自身も自己嫌悪に陥ることなく、子育てに自信を持つことができるのです。

スポンサーリンク

子どもは親をよく見ているから

イライラしない子育ては子どもをどうにかして実現できるものじゃありません。あくまで親がどう対応するか、自分をどうコントロールするかです。

子どもは基本的に言うことを聞かないのが当たり前ですが、親が冷静になると意外と子どもも親の話を聞いてくれるものです。

子どもは常に親を見ています。良い所も悪い所も、親のマネをしています。

まとめ

改めてこのブログの目指すところを振り返ってみました。

子どもが小さい時はもちろん悩み不安はあります。子どもが大きくなるとその悩み不安はなくなるのかというと、また違う悩みがでてきます。

つまり親である限り、子どもに心の一部をもっていかれているのです。それが原因でイライラして悪影響を出さないように、今から少しずつ自分を見直していきたいですね☆

(Visited 1,175 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする