幼児がいる場合の家事TODOリストと活用法

前回、家事を要領よく短い時間で終わらせる方法を紹介しました。

これはあくまで小さい子供が近くにいない場合の方法。
家事だけに集中できる場合の方法でした。
0歳~5歳くらいまでの、まだ手がかかる幼児を自宅で見ている場合は
少し内容を工夫する必要があります。

スポンサーリンク

まず前回と同様、TODOを書き出します。

・洗濯物
・夕食の買い出し
・夕食作り
・アイロン掛け
・お風呂掃除
・床拭き 

さらに細かくします。

・洗濯機を回す。
・洗濯物を干す。
・洗濯物をたたむ。
・ジャガイモと牛肉を買う
・肉じゃがの材料を切る。
・肉じゃがを煮込む。
・アイロンを二枚かける。
・お風呂場の換気、片付け。
・壁と鏡ふきあげ
・バスタブ磨き
・風呂場の床磨き
・リビングの片付け
・リビングの掃除機
・リビングの床拭き

さて!ここで優先順位を決めていきましょう。
子供と一緒にできるものは後回しです。

例えば洗濯たたみなどは座った状態の作業なので子供と一緒にできますね。
料理は、子供年齢によっては一緒にやろうとして作業がなかなか進まない、
という状況が考えられます。
アイロンは子供にとっては危ないだけです。
最優先にしましょう。
お風呂場の床磨きは漂白剤など使う場合は
子供がいないときにやるべきです。
リビングの掃除に関しては子供の年齢によると思いますが、
私は邪魔をされたくないので子供がいないときに終わらせる、優先の家事にします。

優先にした家事は、子供がいるとできない、
もしくは子供に邪魔されてイライラしそう、という家事です。

この家事は、子供が近くにいるときはしない、と決めてしまいましょう。
他の家事からこなしていきます。

子供が朝子供が起きる前、お昼寝中、夜寝た後にすぐにとりかかるTODOリストの完成です。
書いて置くと、「何するんだっけ?」と考える無駄をなくすことができます。

子供に邪魔されて家事が進まない!というイライラからさよならできます。

「家事はすべて子供に邪魔されます」
「子供がいるとどんな家事もスムーズにいきません」

という方の為に、誰にも邪魔されない、
家事に一番最適な時間帯を次回紹介します

(Visited 2,997 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする