綺麗なママでいるための簡単な7つの習慣

子どもができてからオシャレをしなくなりメイクをしなくなり、
ふと鏡を見た時、綺麗な人を見た時に「このままでいいのか」
と思ったことはありませんか?

女性は、外見に自信があるとモチベーションが上がります。
モチベーションが上がると、心の容量も大きくなります。
外見に自信がない時と比べると、心の余裕ができるのです。

でも小さい子どもがいると、自分にかける時間やお金が制限されるのが当然。だから、幼い子どもがいるママさん達はメイクをせずおしゃれもせず。「このままでいいのか」と悩むことになってしまいます。

お金があれば・・・時間があれば・・・と言い訳をするのは簡単です。
少しの時間と少しの出費でできる「綺麗でいる為の習慣」をぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

★もくじ★

1.毛先・指先など、先端に気をつける
2.自分のケアをTODOリストに入れる
3.姿勢に気をつける
4.自分一人の時間を持つ
5.旦那様を大事にしている
6.お気に入りの香りのハンドクリームを見つける
7.早寝早起きを習慣にする
8.まとめ

1.毛先・指先など、先端に気をつける

体の先端に、その人の生活が出ると言われています。
例えば髪の毛先。
シャンプーをしていても、毛先がぱさぱさしていると綺麗には見えません。毎日の育児疲れが髪の毛に出てしまいます。シャンプー後にヘアオイルを毛先に少しだけなじませるだけで、ぱさぱさの印象を回避!毛先がしっとりするだけでただ一つにまとめただけでも、しっかりケアした雰囲気になります。
ヘアカラーをしている場合は、伸びてきた根本を放置しないようにしましょう。定期的に根元をカラーできない場合は、黒に染めたほうが堅実!

指先、手先にも生活感が現れます。
できるだけ乾燥を防ぐ為に、洗い物など水を使う家事をしたらハンドクリームを使うようにしましょう。
私のおすすめは、洗い物をする時のながら美容法。

まず洗い物をする前に手にハンドクリームを塗ります。その手にコットンなど布製の手袋付けて、ゴム手袋を装着。
お湯で食器を洗います。
洗い物が終わって手袋を取ると、しっとりした手の登場!
余裕のある時はおすすめの方法です。

指先、爪も伸びていると不潔な印象。
指先って意外と見られていて、その人の印象を決めてしまいます。
派手すぎないネイルが理想ではありますが、
なかなかネイルサロンに行く時間もとれないですよね。
だからといって自分でネイルをするとすぐに剥げてきたり。剥げてきたネイルを中途半端に放置するのはテンションが上がらない原因になります。
私がおすすめするのは、爪をみがいてピカピカにしておくこと。
コスメショップやドラッグストアで専用のアイテムが売られています。何かを塗るわけではないので、剥げてくるといった心配もありません。
クリアのジェルネイルをした時のような、ピカピカうるうるの爪になります。

毛先、指先のケアはお金も時間もそんなにかけずにケアすることができます。

2.自分のケアをTODOリストに入れる

家事、育児、仕事、と毎日忙しくしていると、「時間ができたらやろう」と優先順位を最後にする項目が出てきます。それは多くの場合、自分にかける「美容の時間」。

優先順位が最後だとなかなかできないまま。
それが、髪の毛を振り乱して育児をするような状況を作り出してしまいます。

自分のケアの時間も意識してとる為に、毎日のTODOリストに加えましょう!
ただの“美容ケア”という名目ではなく、具体的に。
毎日のTODOリストには『スキンケアとメイク』。
週のTODOリストには『美容パックの』。
月のTODOリストには『美容院へ行く』などなど。
書きだす事で、このTODOをこなす為の計画が立てられますし、その分の予算も考えられます。

忙しい主婦は美容の時間をこれくらい意識してとらないと、いつのまにか女性としての自分を忘れていってしまいます。

ちなみに私の場合は毎朝ローションパックをしてからメイクをしているので、45分間の美容の時間をTODOリストに加えています。
パックをしない時でも30分は、スキンケアとメイクの時間にしています。
また一週間のうちで曜日を決めて、ネイルケアの日に設定。
爪を短く切って、ピカピカに磨きます。
時間を取らないとどうしても忘れがちになってしまうので。
美容院へは時間と経済的な関係で3か月に一回の頻度で行っています。
リタッチと毛先のカット、贅沢にもヘッドスパも!
本当にリフレッシュの時間です。
行っている美容院が、数週間前の予約で割引するといったサービスがあり、毎回帰り際に次の予約をしています。
金額は割引をして5000円ほど。
予算が分かっているので、行くのは3か月に一回の頻度でも毎月1500円の「美容院積立」をしています。
細かい話になってしまいましたが、家計を預かり節約も考えながらとなると、計画性が必要です。

スポンサーリンク

3.姿勢に気をつける

いくら美人でも、背中がまあるく姿勢の悪い状態で座っているのは魅力的にみえません。そればかりかマイナスの印象になってしまいます。

姿勢がいいだけでかなりの好印象を与えることができます。
綺麗な人を目指すには「姿勢がいい」事は最低限必要な条件です。

背中をピッとまっすぐ座るのは、誰でもできますし、意識するだけなのでお金もかかりません。
逆に猫背のままだと印象は悪いままですし何より肩こりや胃腸の不具合などデメリットばかり。

背筋をピンと伸ばして凛とした人になりましょう!

4.自分一人の時間を持つ

一人の静かな時間を持つことで、自分の体調の変化に気づけます。
最近便通がない、イラつくことが多くなっているなど。マイナスの変化に気づく事で早めに対処ができるように。早めに対処すれば、無理をする事もなくなります。
忙しい毎日をより楽しく過ごすためには、体調管理は基本。
自分の体調の良し悪しを無視してがむしゃらに毎日を過ごしていると、当然「綺麗なママ」どころではありません。

逆に、いい変化に気づくことも大事。
そういえばニキビができなくなっている、肩こりがなくなっている。
そういった変化はモチベーションのアップに繋がります。

5.旦那様を大事にしている

綺麗なママは、旦那様に大事にされています。
大事にされているという実感が、「旦那様の為に綺麗でいよう」というモチベーションに繋がります。
また大事にされているという前提に、ママも旦那様を大事にしているという事実があります。
「大事にする」というのは思いやりをもって接しているという事。
思いやりのある言葉をかけられるだけで、毎日のストレスも軽減されていきます。
結果、外見に現れる事に。

もし「自分の奥さんが子どもを産んでから女を忘れてしまっている」
とお悩みの男性がいましたら、
自分が奥様の仕事である家事育児を理解しているかどうか、
思いやりを忘れていないかどうか、今一度考えてもらいたいと思います。

6.お気に入りの香りのハンドクリームを見つける

綺麗な人は「いい香りがする」事も条件です。
しかし子育て中は、香水を付けることに抵抗がありますよね。
だからといって意識していないと、手からお料理後のにおいがしてきたり、幼児独特の香りが服についていたりします。
悪い事ではないのですが、どうしても「生活感」の漂う雰囲気に。

柔軟剤やシャンプーの香りがほのかにするのも素敵ですが、
お気に入りの香りのハンドクリームを携帯しておくともっと素敵な女性になれます。

いい香りのハンドクリームをつけると、手を動かすたびにほのかに香りが漂います。
お手洗い後や乾燥が気になるときにハンドクリームを取り出すと、それだけで丁寧に生活しているような雰囲気に。
自分のお気に入りの香りだとリフレッシュ効果もあります。

ハンドクリームはそんなにお高くないですし、カバンの中にいれてもかさばりません。
お疲れ感が漂う「生活臭」はほのかな香りで消してしまいましょう!

7.早寝早起きを習慣にする

早寝早起きは、美容の基本です。
早寝する事で、胃腸の調子が良くなり、お肌の代謝もアップ。
結果美肌になることができます。

早寝早起きをしていると自然と自律神経が整ってきます。
自律神経が整うと血流がよくなり酸素や栄養が体中に届けられます。
美肌も美髪も健康も、この血流の良さが大きなカギ!
自然と夜食も減るのでダイエット効果もあります。

高価な美容液を買うよりも、エステに通うよりも、ダイエットグッズを買うよりも、一番確実な美容法です。

8.まとめ

いつも最低限清潔にしている事は必要ですが、こんな簡単な習慣で「綺麗なママ」をキープすることができます。

自分に女性としての自信をつければ、心に余裕ができるもの。
もっと素敵なママになろう!とどんどんポジティブ思考になれます。

もともとの顔立ちの良し悪しなんて実際あまり関係ありません。
自分のもって生まれた顔、体つきをどう魅力的にみせるかどうかです。

(Visited 16,765 times, 11 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする