洗濯物、玄関掃除、食器洗い、布団たたみ・・・ちょっとした家事がめんどくさい時、時間を無駄にしない考え方

「洗濯物をたたもう」「食器洗いをしよう」と思った時に、急にめんどくささが襲ってくる時ってありませんか?

そんなときの私の考え方です。

スポンサーリンク

時計を見てみる

なんだかめんどくさいなぁ。明日にしようかなぁ。と思ったら、時計を見て見ることにしています。

「洗濯物は15分で終わる」だとしたら「6:15には自由になるんだな」

「食器洗いは10分で終わる」だとしたら「8:40には自由になってるんだな」

そう考えると、ムクムクっとやる気が起きてきます。

時間がある時、“面倒”と感じる

人は忙しくしている時は“めんどくさい”と感じる事はありません。

時間があるときに、脳のすきまから“めんどくさい”がやってきます。そしてこの“めんどくさい”は強敵!

意外なように思われるかもしれませんが脳は意外と怠け者です。脳は人間が思っている以上に楽をしたがるようにできております

参考/脳は怠け者

脳が怠けたい時=めんどくさい時なのです。

スポンサーリンク

めんどくさいに勝つ!

その強敵である“めんどくさい”に勝つのは『ワクワクする事』。

決めた時間までに終わることができるのかどうか、という自分で勝手に始めたクイズは、ただのめんどくさい家事を、ちょっとした『ワクワクすること』に変える力があります。

さいごに

沢山の家事をこなすにはTODOリストを書いてやる気をだしていますが、一つの家事ならこの方法でこなしています。

個人的に時計はアナログがおすすめ。

終了時間も見えるのでわかりやすくていいです。

せっかく時間があるときに“めんどくさい”で自由時間が少なくなるのはもったいない!脳はスキがあれば怠けてしまう、という事を覚えておくだけで、“めんどくさい”の被害を最小限に抑える事ができます。

(Visited 5,618 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする