生後3か月で兼業主婦になった私が思う保育園に預ける事の6つのデメリット

前回は「メリット」に焦点を当てたので今回は「デメリット」です。
子どもを早くから保育園に預けたことによってどんなデメリットを感じたのか?
あくまで個人的に感じたことが中心になります。

スポンサーリンク

★もくじ★

1.感染症をもらってくる
2.母乳育児を断念
3.他人からあれこれ言われる
4.「できた!」の第一目撃者になれないことも
5.何か問題があると「私のせいじゃ・・」と悩む
6.とにかく時間がない!

 

1.感染症をもらってくる

「生後6か月までは親の免疫がある」と聞いたことがあります。
私の場合、ほぼ完全に当てはまりました!
3か月から預けた子どもたちはそれぞれ生後6か月を過ぎてからどんどん病気をもらってきました。
手足口病にプール熱、結膜炎、胃腸炎・・・

一歳を過ぎてからは体が強くなったのか、ほとんど体調を崩さなくなりましたが、この約半年間、
何度も遅刻したり早退したり欠席したり。
同僚にすごく迷惑をかけました。

2.母乳育児を断念

もともと母乳はかなり出る方だったのですが、保育園に預ける為やむを得ず断乳。
子どもたちはすんなりミルクを受け入れてくれたのでよかったのですが、
問題は私の方でした。
職場に復帰してもおっぱいが張ること張ること!
トイレで張るおっぱいを絞り出す、という荒作業の毎日が続きました。
母乳を冷蔵庫で保管する、という手もあったんですが、職場にあの大きめの搾乳機をもっていくのに抵抗を感じ。
また、絞り出すところがトイレ、というのも衛生的に不安。
さらに絞り出したものを職場の冷凍庫に保存しておくのもどうかと思ったので、あっさり諦めました。

さらに一番上の子の時に関しては、「ミルクで育てると愛情不足になる」という言葉を信じて、
それはそれは悩みました。
でも、ミルクで育った子が絶対に愛情不足になる、なんてこともないですし、
母乳とミルク、今では栄養面に大きな違いはありません。

参考↓
母乳と粉ミルクの違い
一人目の時には悩んで悩んで、ネットで検索したり書籍を読んだりして母乳育児を断念する事を決めましたが、
二人目、三人目の時は自信をもって三か月目でミルクに切り替えました。
経験って強いです。

3.他人からあれこれ言われる

それはもういろいろな事を言われました。
「こんな小さい頃から保育園に預けて可哀想」
「1歳までは一緒にいないと愛情不足になる」
「3歳までは一緒にいないと子どもに悪影響がある」
「無責任」

母乳育児の断念についても。
「ミルクで育てると体の弱い子になる」
「ミルクで育てると愛情不足になる」
「赤ちゃんは母乳が好きなのに、親の勝手でミルクを飲まされて可哀想」

一人目出産後はかなりこたえる言葉ばかりでした。
みんな子どもの事を考えて助言的な感じで言ってくれているのはわかるんですが。

今となってわかるのは、「・・・べき」の考えが良くない、という事。
ミルクで育っても丈夫に育っていますし、
保育園に預ける時期が早くても健全に育っています。
何より科学的は根拠なんて一切ありません。
ほとんどは三歳時神話に基づく助言ですが、
あくまで「神話」。
最近の専門家の研究では、その三歳時神話が覆ろうとしています。

何よりこの情報が蔓延した現代では「他人」の考えはあくまで「他人」の考え。
そんな意見もあるんだな、と聞き流す程度でおっけーです。
大事なのは自分がいかに子どもと向き合って愛情を注いでいるか、ここだけです!

4.「できた!」の第一目撃者になれないことも

赤ちゃんの成長ってすごいもので、一日一日で何かが変わっていきます。
昨日まで仰向けで寝てるだけだったのに、今日、寝返りができたり。
周りを見渡すだけだったのに、今日になると少し進めるようになったり。
つかまり立ちがやっとだったのに、今日になると一歩進めたり。

このうれしい成長を見るのが、ママじゃなくて先生、という悲しい出来事に遭遇することも。
先生はしっかりと今日の成長を報告してくれると思います。
しかしなんだか切ない気持ちに・・・(泣)

スポンサーリンク

5.何か問題があると「私のせいじゃ・・」と悩む

例えば何か子どもに情緒的な問題が起こったり、
体調がすぐれないことが続くと、
「保育園に長時間預けているせいじゃないか」
「私が働いているせいじゃないか」と
悩んだりします。

しかしコレ、働いていようが働いていなかろうが、
子育て中のママはみんな悩みます。
専業主婦の場合は
「保育園に預けて同年代の子たちとも遊ばせた方がいいんじゃないか」
「私とずっと一緒にいるせいじゃないか」
と悩むこともあると思います。

子育ての悩みを自分のせいにしてしまうんですね。

6.とにかく時間がない!

日中にこなしていた家事を、朝と夜にこなさなければいけなくなってしまいます。
それに加えて子どもとの時間も大切にしたい。
そうなるとこれまでのやり方では時間がたりません。
いろいろな時間管理方法を学ばなくてはいけない時です!

■メリットもたくさんですが、デメリットも見逃せないものばかり。
ですが総合しても、私は保育園に預けてよかったと思っています。

次回は、このデメリットの乗り越え方や、保育園に預けるにあたっての心構えを記事にしたいと思います。

(Visited 1,567 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする