主婦がだらだらしてしまう原因を退治する方法

平日で仕事が休みの日、だらだらして後悔することがあります。

だらだらしないでテキパキ家事をこなす方法を知ることで、時間はたっぷりあることがわかるはずです。

スポンサーリンク

時間があるからだらだらする

「時間がない」「忙しい」と言いながら、だらだらしているということは、時間はあるということです。

来客がある時は超スピードで片付けができるのに、休みの日はなぜか片付けに一日中かかってしまう。

本来は10分でできることでも、だらだらしながら取り掛かることで3時間でも5時間でも家事の時間は膨らみます。

家事が好きなら時間をかけて丁寧にやることはいいのですが、別に好きでもないことに時間をかけるというのは“丁寧”でもなんでもなく、ただ「効率が悪い」だけです。

家事に追われるのは「パーキンソンの法則」のせい

ギリギリになるとやる気が出てくる

平日休みの日、あれやらなきゃこれやらなきゃと思いながらもだらだら過ごし(何をしてたかも覚えていない)、「もうそろそろ子供達のお迎えの時間!」となった時、急にやる気がみなぎってきて、朝から面倒と思っていたこともささーっと終わらすことができたりします。

つまり、無意識に「時間がある」と分かっていると、途端に面倒って思ってしまうのです。

逆に、いよいよ時間がないとわかると、“面倒”なんて思う暇もない!

だらだらしない為の究極の方法は、常に時間がないギリギリの予定を組むことです。

でもそんなの、疲れますよね。

スポンサーリンク

家事を早くする方法はたった1つ

時間を意識すること!

これが時短するたった一つの方法です。

  • 最新家電を取り入れる
  • 便利アイテムを買う
  • 時短テクニックを調べる

時短といえばこんなアイディアが出てきますが、そもそも時間を意識していないと時短アイテムでも意味ないです。

時間ギリギリのつもりで行動する

  • 「30分で今日の家事を終わらせなきゃ!」
  • 「お昼までに用事を終わらせよう!」

自分でリミットを決めることで、“面倒”と思う暇を与えないようにします。

そのために、

  • どんな家事をするのか
  • 今どの家事が残っているのか

ということを瞬時に把握する必要があります。

それに加えてその間、常に時間を意識できるようにするにはタイマーが効果的。

メモ帳とペンとタイマーで、主婦がだらだらする原因は退治できます。

関連記事
家事の効率化・時短に今日からできるやることリストの書き方
キッチンタイマー活用法

さいごに

ずっとだらだら過ごしてきた私は、「私ってなんて要領が悪いんだろう」「どうして自分だけ時間がこんなにないんだろう」とずっと思ってきました。

でもそれは、時間を意識していなかったから。それが全ての原因でした。

時間を意識しよう!

家事のやることリストには、その為の工夫が盛り込まれています。

(Visited 2,837 times, 5 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しらゆき より:

    お久しぶりです♪
    更新待ってました~♪
    嬉しいです。

    次回も楽しみにしています。

    • りか子 より:

      しらゆきさん、いつもありがとうございます!
      だいぶ時間が開いてしまったのに、見ていただき嬉しいです^ ^
      ゆっくりになりそうですがまた更新していきたいと思っているので、
      よろしくお願いします♪