後回し家事は心の余裕ドロボウ!~ずぼら主婦が教える“緊急性のない家事”の片付け方

あなたはずぼら主婦ですか?私はすぼら主婦です。しかし主婦なので、どんなにめんどくさくてもどうにか毎日の家事をこなさなければいけません。なのでずぼら主婦なりにいろいろ工夫して毎日の家事をこなしています。

家事って、毎日必要な洗濯料理片付け以外にも、毎日する必要はないけどいずれしないといけない家事もありますよね。緊急性のない家事って後回しにしがち。

私の場合、
TVの後ろの掃除
ソファ下の掃除
ベランダの掃除
破れた網戸の修理
換気扇やエアコンの掃除
カーテンの洗濯
しつこいカビ汚れ
部屋の隅に溜まったほこり
サッシの掃除
外側の窓拭き
冷蔵庫の中の拭き上げ
などなどなど・・・・・もっとあります(苦笑)

毎日育児に仕事に忙しくしてると、日々の家事で精いっぱい。でもその間にも後回しにしている緊急性のない家事は溜まっていきます。いずれ緊急になるときまで・・・(怖)

毎日詰め込みすぎもよくないですが、少しずつ処理していかないと後が大変です。そしてこの後回しの家事が、心の余裕ドロボウなのです!

今回は私のようなずぼら主婦でも、無理なく後回し家事を処理していく方法を記事にします。

スポンサーリンク

緊急性のない家事は心の余裕ドロボウ?

あなたは後回しにしている家事が具体的に何なのか、どれくらいあるのか把握していますか?フッと、「そうだ、アレまだやってなかった」とか「あーーー・・・コレやんなきゃなー・・・」となっていませんか?

“やろうと思ってやっていない事”が何なのか、どれくらいあるのかが具体的になっていないと、漠然と「やるべきことは沢山あるのに時間がない」と、不快な緊張感に襲われてしまいます。その状態のまま慢性的にスッキリしないと、もやもやして心の余裕がなくなってしまいます。

その“やろうと思ってやっていない事”が全部終わると、とてもすっきりする気持ちになるんだろうな、というのが想像できます。そして目指すはそのすっきりした気持ちになる事。

すべてやってしまうのが一番いい方法ですが、それができないからもやもやしているんですよね。

まずはすべて書き出す

まず把握する為にすべて書き出します。思い出せない場合は、思い出した時にそのつど書き出します。

“今すぐやらなくてもいいけど、やったらスッキリするだろうなー”

そう思うものを、大きくても小さくても書き込みます。

めんどくさがりの私の場合、歯医者に行く事、車のメンテナンスなん子どもの予防接種なんかも書き込んでいます(汗)

分解する

書き出した作業を後回しにしてしまう原因に
・時間がかかりそうな気がする
・実際に時間がかかる
・事前の準備が必要
・他の人の協力がいる
・時期が今じゃない
などが考えられます。

例えばTVの後ろやソファ下の掃除は、家具を動かす必要があります。夫の手伝いが必要です。

破れた網戸の修理は、網戸や道具を買ってきて準備する必要があります。網戸の修理が初めてだと、修理の方法を調べる必要もあります。

しつこいカビ汚れは、ひたすら擦る時間か、しつこいカビ専用のアイテムが必要です。

換気扇やエアコンの掃除は、頑張った割にきれいにならないので我が家ではプロにお願いしています。プロの予約が必要になります。

私の“歯医者に行く事”については歯医者に予約をしなくてはいけませんし、車のメンテナンスも予防接種も予約が必要です。

それを踏まえて、私なりにいくつか分解してみたのが以下です。

TVの後ろの掃除
→・夫の予定確認
 ・拭き掃除

ソファ下の掃除
→・夫の予定確認
 ・拭き掃除

ベランダの掃除
→・掃く

破れた網戸の修理
→・修理方法を調べる
 ・修理に必要なものを買う
 ・修理する

換気扇やエアコンの掃除
→・予約の電話をする
 ・掃除をしてもらう

カーテンの洗濯
→・寝室のカーテン
 ・リビングのカーテン
 ・子ども部屋のカーテン

しつこいカビ汚れ
→・カビクリーナーを買う
 ・汚れを落とす

部屋の隅に溜まったほこり
→・床拭き(角だけ)

窓サッシの掃除
→・寝室のサッシ掃除
 ・リビングのサッシ掃除
 ・子ども部屋のサッシ掃除

外側の窓拭き
→・寝室の窓拭き
 ・リビングの窓拭き
 ・子ども部屋の窓拭き

冷蔵庫の中の拭き上げ
→・冷蔵室の拭き上げ
 ・冷凍室の拭き上げ
 ・野菜室の拭き上げ

歯医者に行く
→・予約の電話をする
 ・行く

時間がかかりそうな作業も、分解してみると手軽にできる作業だったりします。

所要時間を見積もる

次にそれぞれの所要時間を見積もってみます。

TVの後ろの掃除
→・夫の予定確認(5分)
 ・拭き掃除(15分)

ソファ下の掃除
→・夫の予定確認(5分)
 ・拭き掃除(15分)

ベランダの掃除
→・掃く(10分)

破れた網戸の修理
→・修理方法を調べる(10分)
 ・修理に必要なものを買う
 ・修理する(20分)

換気扇やエアコンの掃除
→・予約の電話をする(5分)
 ・掃除をしてもらう(約2時間)

カーテンの洗濯
→・寝室のカーテン(1時間)
 ・リビングのカーテン(1時間)
 ・子ども部屋のカーテン(1時間)

しつこいカビ汚れ
→・カビクリーナーを買う
 ・汚れを落とす(20分)

部屋の隅に溜まったほこり
→・床拭き(角だけ)(10分)

窓サッシの掃除
→・寝室のサッシ掃除(15分)
 ・リビングのサッシ掃除(15分)
 ・子ども部屋のサッシ掃除(15分)

外側の窓拭き
→・寝室の窓拭き(10分)
 ・リビングの窓拭き(10分)
 ・子ども部屋の窓拭き(10分)

冷蔵庫の中の拭き上げ
→・冷蔵室の拭き上げ(15分)
 ・冷凍室の拭き上げ(10分)
 ・野菜室の拭き上げ(10分)

歯医者に行く
→・予約の電話をする(5分)
 ・行く(約90分)

夫に確認や電話予約などは5分もかからないはず。しかしめんどくさがりの私に「たった5分だよー」と教えてあげる為に一応書いてみました。そこまでずぼらじゃない!という方は書かなくてもいいと思います。

カビクリーナーや網戸の修理に必要なものは、普段の買い物のついでになります。個別に時間を取られるわけではないので時間は書いていません。

ここまで書ければ、半分以上終わったも同然!

スポンサーリンク

スケジュール帳に書き込む

書き出した“緊急性のない家事”達をスケジュール帳かカレンダーに書き込んでいきます。そして書き込むたびにリストを線で消していきます。買い物系は、買い物のリストに書き込んだら横線で消してしまいましょう。

10分くらいで終わるものに関しては、毎日の家事のTODOに入れても差しさわりないはず。無理がないように1日1つがおすすめ!平日は無理だと思ったら、休日に2つくらいTODOをこなしましょう。夫に確認する事や、電話予約するものはまとめて1日にして、一気に横線で消していってもいいです。

(予約電話のタスクが多い場合は、まず予約の電話をして日にちをスケジュール帳に書き込んだ上で、他のタスクを入れていくと変更が少なくていいと思います)

調べる必要があるものも、1つのタスクとして書き出しておくと無駄なネットサーフィンが防げます。

また換気扇やエアコンの掃除は、夏前や年末など掃除の季節になって依頼するよりは、業者の早割キャンペーンでお得にクリーニングができる事もあります。

冷蔵庫の拭き上げは、庫内にあまり食品がない時がいいですよね。食品のストックが少なくなる週末に予定を組むといいと思います。

カーテンの洗濯は、週間天気予報を確認して「晴れ」の日を狙いましょう!わざわざ梅雨時期にスケジュール帳に書いてしまうと、スケジュール変更が続いてまたやる気をなくしてしまいます。

またスケジュール帳やカレンダーといった残るものに書き込む事で、「前はいつごろ掃除したかな?」と確認できます。すると無駄に頻回掃除をしてしまう事も防げますし、家事の状況が把握できていると自信が出ます。

カレンダーに書き込んだ時点でもやもやから解放されます!

まとめ

以上すぼら主婦でもできる“緊急性のない家事の片付け方”でした。こんなにズボラなのは私だけかも・・・?と記事にするのを悩みましたが(笑)誰かの役に立てれば嬉しいです。

ちなみにこの方法、タスクを1日に1つと、スローペースで作業が進んでいきます。しかし溜まり溜まって、気合いを入れないとできない状況まで放置するよりは確実に前に進む方法です。

後回し家事を減らして、心の余裕ドロボウの被害にあわないよう気をつけましょう!

(Visited 5,445 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする