「朝家事を始めてイライラが増えた」最大のデメリットの正体とは~早起きは誰の為?

朝、眠たい目をこすり布団から出てきて、家事をする。子どもの為に、夫の為に睡眠時間を削っている。それなのに夫は、いつもの時間に、むしろぎりぎりの時間に起きてくる。

家族の分の支度をしている自分とは違い、のろのろと自分だけの支度をして準備された朝食を食べて、マイペースに出ていく。

自分は朝早く起きてまで頑張っているのに!

私は早朝の朝家事を強くおすすめしていますが、朝家事を始めるとこんな別のイライラが出て来ることがあります。

でもこれは勘違い。早起きは誰の為ですか?

確かに家族の為に時間を使っています。時間をうまく使う為に早起きを始めました。初めは家族の為という発想ですが、最終的には完全に自分の為です。

夫が今まで通りゆっくり寝てようとなんだろうと、早起きにはたくさんのメリットがあります。イライラするのはまだ理解できていないからなのです。

スポンサーリンク

頑張るからイライラする

「早起きしてまで頑張っているのに・・・」そう思うのがイライラの原因です。自分だけ頑張っていると思っているのです。

たしかに頑張っています。早起きって簡単にできる事じゃないから。しかし習慣になれば、早起きは特に「頑張る」事じゃなくなります。頑張っているのは、まだ習慣になっていないから。早起きのメリットをまだ心から体感していないからなのです。

早起きは完全に自分の為

早起きにはたくさんのメリットがあります。美容にもいいですし、ダイエットにもなります。無理なくポジティブ思考になりますし、毎日に張りが出ます。

9つの早起きのメリット

そんな効果は、誰の為でもありません。完全に自分の為です。

朝家事をするにしても、他の時間帯に家事をするのと比べると効率の良さは最高!疲れもほとんどなく家事をこなせます。

誰の為でもない、自分の為に早起きをしているのです。

スポンサーリンク

逆に感謝するべき

時間に余裕があれば、早起きという選択肢はなかったと思います。家事の効率化を考えなければ、朝家事という言葉すら知らなかったでしょう。

行き詰ったからこそ早起きを始めた私は、私を悩ませた環境に感謝しています。早起きをはじめてから得られたメリットは、苦しい状況があってこそ。

さいごに

早起きを始めるたのはあくまで「自分の為」だという事を理解しましょう。

頑張っている自分に比べて夫は・・・と思う気持ちは分かります。でもだからといって夫も同じようにしないと嫌だ、というのはわがままです。

夫には干渉しないで、自分の為に自分の習慣を選んでいるだ、という事を理解しましょう。そうするとより楽しく朝家事をこなせるはずです。

(Visited 8,362 times, 4 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しらゆき より:

    家事の記事が大好きです。
    やる気になれないので、こういう記事は
    ホントにはっ!と気づかされます♪

  2. jitannkaji より:

    しらゆきさん、たびたびコメントありがとうございます!
    家事の記事が役に立っているんですね!うれしいです♪
    気づきがあるって、素敵なことですよね(^^♪これからも役に立ちそうな記事をUPしていきますね~(*’▽’)