泣き止まない赤ちゃんが泣き止む!SMAPを歌おう

うちの三番目の女の子、現在5か月になりますが、それはそれは元気!よく泣きます。すっごく泣きます。もうこの世の終わりかと思うほどのギャン泣き!(言い過ぎ?笑)

可愛いのですが、こう毎日毎日泣かれるとホント気が滅入ってしまいます。特に夜寝る前に機嫌が悪くなる様子。ミルク、おっぱい、おしゃぶり、おむつ、空調、服、ベット。。。考えつく事をすべて試してもダメ。睡魔におびえているような状態で、ひたすら抱っこ、疲れたら休憩、また抱っこの繰り返しでした。

それが最近、SMAPの歌を歌うと落ち着く確率が高い事が分かりました。今の所我が家では98パーセントの確率で成功しています。この件について理由を考えてみました。

スポンサーリンク

なんとなく歌えちゃうHIT曲ばかり

Smap Vest

Smap Vest

  • アーティスト: SMAP,森浩美,戸沢暢美,相田毅,大倉浩平,野島伸司,ゆかり美和,スガシカオ,飯塚麻純,山崎まさよし,安田信二
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2001/03/23
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 150回
  • この商品を含むブログ (117件) を見る

今私が気に入っているのは2001年に発売されたSMAPの3枚目のベストアルバム。1曲目があの名曲「らいおんハート」です。耳が歌詞を覚えていたようで意外とすらすら歌詞がでてきます。

曲調も心地いいバラードで、らいおんハート以外にもたくさん曲が入っているのですがほとんど“なんとなく歌えちゃう”曲ばかり。当時、行く場所行く場所でなんとなく聞いていた曲って、そう簡単には忘れないものなんですね。

泣いている赤ちゃんに集中しなくなる

曲を口ずさんでいると、この曲があちこちで流れていたころの思い出がよみがえってきます。

結婚前だったからファミレスでバイトしてたなー
毎晩のように飲み歩いてたなー
旦那ともまだ友達だったなー
まさか子どもが3人いるなんて、当時の自分には想像できなかったなー

そうすると、「お願いだから泣き止んでくれ~」と焦っていた気持ちはどこへやら。

ママがリラックスモードになれる

曲を聞きながら昔を思いしてみたり、歌を歌いながら歌詞を聞いていると、イライラはなくなっていきます。特にらいおんハートの歌詞は幸せな気分にさせてくれます。

赤ちゃんはお母さんの気持ちに敏感。お母さんの気持ちに連動するので、お母さんのリラックスモードに連動して赤ちゃんもリラックスモードに入っていくようです。

「眠たいのに寝れない上に、お母さんがイライラしてるー!」という居心地の悪さから解放されるので、赤ちゃんも安心して眠りにつけるんだと思います。

ポカーンと口を開けて「もう寝るよー」の顔をするともう少し!

スポンサーリンク

背中スイッチがOFFになるまで余裕

眠ったからといってすぐにベットにおいてしまうとすぐに起きて、またイチからやり直し。赤ちゃんには背中スイッチがあるので、眠ったなーと思っても眠りが深くなるまでしばらく抱っこする必要があります。

普通なら「もー疲れたーめんどくさいー眠いー嫌だーもう置いていいかな?いいよね!」と背中スイッチを押してしまう可能性がありますが、このCDを聞いているともっと聞きなくなってしまいます。

赤ちゃんを抱っこしている時間が苦にならなくなるのです。

もしかしたらSMAPじゃなくてもいいのかも

タイトルにまでしてしまいましたが(笑)赤ちゃんが眠る理由を考えていたら、別にSMAPじゃなくても、ママが好きな曲ならなんでもいいのかも。

我が家ではこれからもしばらくSMAPが流れそうです。音楽ってすごい!

(Visited 1,060 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする