料理が苦手・嫌いな主婦が料理を楽にするTODOリストの書き方ワンポイント

家事を始める前に、TODOリストを書いていますか?そのリストにたった一つ工夫をするだけで、苦手な料理も取り掛かりやすくすることができます。

スポンサーリンク

TODOリストに材料も書く

TODOリストに、料理の材料を書き込むだけです!

それにはまず、あらかじめ献立を決めて置いて、材料をそろえておくことが必要になります。

家事に取り掛かる前に家事のTODOリストを書くと、無駄なく早く家事がこなせて、しかも達成感・満足感も得られる効果があることは以前に話しました

家事TODOリストを書く5つのメリット~毎日が楽しくなるTODOリストの書き方

このリストに、作る予定の料理の材料を書きこんでおくのです。

そうする事で、材料を一気に冷蔵庫や食品庫から出すことができます。

献立名だけだと、一度冷蔵庫から食品を出して、途中で思い出してまた冷蔵庫・食品庫へ行く、という手間が発生します。

一気に材料を出しておくだけ、少しの手間を省くだけでめんどくささをなくすことができます。

献立作りは料理苦手さんの基本

献立をあらかじめ作って、材料をそろえておくのは基本中の基本。これができていないと、料理はさらにめんどくさいものになってしまいます。

料理がめんどくさくなればなるほど、イライラする事が多くなります。例えばめんどくさいと思いながら自分をどうにか奮い立たせて一生懸命作った料理で、子どもが遊び食べを始めたり、「美味しくない」と言われたり、全く食べてくれなかったりしたらどうでしょう。

小さい子どもは、昨日は食べてくれた料理も今日はなぜか食べなかかったり、お友達のマネをして「美味しくない」と言ったり、遊び食べも誰もが通る成長の過程です。

でもイヤイヤながら作った場合は、そんなことでもすごく激怒してしまいます。楽しい食事の時間が、イライラの時間になってしまうのは、すごく悲しいです。

献立を作るだけで料理は楽になります。

献立を作るだけで、食事の時間が楽しくなるのです。

スポンサーリンク

朝家事でもスムーズ

私は朝に夕食を作っています。

朝起きてからキッチンに立った時も、TODOリストに材料が書いてあると、まず書かれている材料を冷蔵庫から取り出すことから始まるので取り掛かりやすいです。

どんな作業も、最初に始める時に一番エネルギーを使います。始めてしまえば流れができるので勢いで進める事ができます。

その流れを作るのが「TODOリストに材料を書く事」なのです。

材料を出してしまえばいつの間にか料理は始まっているので、その勢いでスムーズに料理ができます。

「めんどくさい」と思わせる時間を作らない方法なのです。

さいごに

料理が好きな人にとっては、とんでもない!という内容だったかもしれないですね(汗)

料理が苦手・嫌いな方も、料理で自信がついてくるといずれ「料理が好き!」と言える日がくるかもしれません。

その日までは、楽に料理を勧められる方法で、毎日を楽しく過ごしましょう☆

(Visited 7,319 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 献立を作るだけで料理は楽になります。献立を作るだけで、食事の時間が楽しくなるのです。 引用元-料理が苦手・嫌いな主婦が料理を楽にするTODOリストの書き方ワンポイント… […]

  2. […] 献立を作るだけで、食事の時間が楽しくなるのです。 引用元-料理が苦手・嫌いな主婦が料理を楽にするTODOリストの書き方ワンポイント… […]

  3. ちっちまにあ より:

    こんにちは。とてもためになるブログをありがとうございます。
    私は家事全般がとても苦手な兼業主婦なのですが、
    朝作って、夜に食べられる献立がカレーやシチューくらいしか思いつきません。
    毎日、同じ献立にするわけにもいかず、
    結局夜帰ってから調理をするのですが、
    もしよかったら朝作る夕飯メニューのバリエーションを教えていただけませんか?
    すでに記事にされているようでしたら申し訳ありません。

    • りか子 より:

      ちっちまにあさん、初めまして!
      コメントありがとうございます(^^)
      朝作って夜に食べられるメニュー、私もカレーとシチューは定番です~。
      簡単だし美味しくていいですよね。
      その他にも、煮物系をよく作ります。例えば・・・

      ★肉じゃが
      材料と煮汁を入れて味を調えて沸騰させたら、灰汁をとってから保温鍋(私はシャトルシェフを使ってます)に入れておきます。
      夕方帰って来たら、いい感じにお味が染みてます。

      ★おでん
      これも、材料とだしを入れて沸騰させたら、灰汁をとってから保温鍋に。

      ★親子丼
      卵以外の材料(鶏肉と玉ねぎとか)を入れて沸騰させたら、保温鍋に入れて置きます。
      夕方帰ってきたらもう一回日火にかけて、溶き卵でとじたら完成です。

      ★具だくさん豚汁
      これは私の大好物です(笑)
      作り方は一緒で、材料を全部入れて沸騰させてあくをとったら、最後に味噌を溶かして保温鍋に入れて置きます。

      ★ハヤシライス
      カレーとシチューと同ジャンルだと思っています。
      私は、ライスに卵焼きをトッピングするのが好きで、ハヤシライスの時は卵焼きだけは夕方に作っています。

      ★ひじきの煮物
      ご飯に合うし冷凍できるし、使いやすいので我が家では副菜としてとく登場しています。
      つくときに多めに作って、冷凍しています。

      ★大根の煮物
      おでんと似てるけど、厚揚げと一緒に甘辛く味付けると美味しいです。
      材料と煮汁を入れて、沸騰したら灰汁をとってから保温鍋に入れて置きます。

      ★スパゲティ
      朝作るのはミートソース。作ったら保温鍋にいれておくか、冷蔵庫にいれておいてもいいと思います。
      夕方帰って来たらすぐに麺を茹でれるように、キッチンに鍋と麺を用意しておきます。

      ★チキンスープ
      私が、手羽元をまるまる入れてシャンタンで味付けしたスープが好きなので、よく作ります。
      材料を全部入れて沸騰したら灰汁をとって、シャンタンをいれて味を調えたら保温鍋に入れて置きます。
      具を変えたりして作っています。

      そのほか、煮物系は朝作るレシピに向いていると思います。
      直前に作った方が美味しい料理(野菜炒めなど)の場合は、朝で材料を全部切ったり、下ごしらえだけは終わらせるようにしています。
      夕方にまな板をださないってだけで楽ちんですよ~(^^)

      参考になれば幸いです!これからもよろしくお願いします(^^)

  4. […] 献立を作るだけで料理は楽になります。献立を作るだけで、食事の時間が楽しくなるのです。 引用元-料理が苦手・嫌いな主婦が料理を楽にするTODOリストの書き方ワンポイント… […]