寝不足でも大丈夫!兼業主婦の強ーい味方『パワーナップ』の効果とは?

睡眠不足を効率的に改善する仮眠は「パワーナップ」と呼ばれ、
昼寝とは違うものです。

家事に育児に追われていると、油断するとすぐに睡眠不足に陥りがち。

寝不足になると、脳の偏桃体という場所が活発に活動し始めます。
偏桃体の活動が活発になると緊張や不安を感じることに。
それが結果、イライラすることになるのです。
しかもその偏桃体が不安を感じ続けると「うつ」が引き起こされてしまう事もあるというから放っておけません。

寝不足になるとイライラしてしまう、というのは脳科学的に証明されているのです。

子どもたちの為に家事や仕事を頑張っていても、
それのせいで寝不足になるとイライラ。
イライラの矛先は子どもたちや旦那様へ向けられてしまいます。
本来の優先順位とは違ったあべこべな状態に。

体がだるかったり、睡眠時間が十分にとれないことが続いている場合は
『パワーナップ』でイライラを防止しましょう!

スポンサーリンク

★もくじ★

1.パワーナップの効果

2.パワーナップの取り方

3.パワーナップを成功させるために

4.昼寝との違い

5.まとめ

1.パワーナップの効果

パワーナップは、朝に20分睡眠をとるよりも夜8時間睡眠をした時と同じ活動力が出ます。
だるい、やる気がでない、という状態をさけることができます。

また、脳の疲れを取る効果で、ストレスを感じる脳の部位“偏桃体”の働きも緩やかに。
血圧や脈拍も下がり心身のリラックス効果に繋がります。

起きた後はシャキッとリフレッシュしているので仕事の効率も上がりますし、
夕方以降の活動力もアップ!
特に子持ち兼業主婦の場合は、仕事後にスタミナが必要ですよね。

仕事の疲れが出ていると、家事育児を効率的にこなせなくなってしまいます。
パワーナップでリフレッシュしていると、集中力、注意力も上がるので、
夕方以降も効率的に動くことができます。

更に物事を大局的に見ることができるようになるという研究結果も!
子どもの行動を子ど目線で考えることができます。
無駄に怒ったり怒鳴ったりすることがなくなると、
自分の育児に自信が出てきます。

パワーナップは、コーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースが提唱した仮眠法。
効果は世界中で認められていて、あちこちの企業でも、昼食後にパワーナップの時間をとるなどして作業効率のUPを進めています。
一般的には多忙なサラリーマンに進められている方法ですが、
子育て中も睡眠不足の対応と作業効率UPは課題!
実際に、ママにいい効果があると、子どもにもいい影響があります。

2.パワーナップの取り方

20分だけ仮眠をとる。
これだけです!
正しくは15分から長くても30分。
この時間を守ることでパワーナップの効果を実感できます。
30分を過ぎると深い眠りに入りダルさが増してしまうので注意!

あと一つの注意点としては、15時までに起きるようにする事。
15時以降に仮眠を取ってしまうと、夜の睡眠に影響してしまいます。

でも眠い時ってなかなか短時間で起きることができません。
例えば専業主婦で赤ちゃんを自宅保育している場合や、
兼業主婦で平日のお休みにたくさん予定が入っている場合。
睡眠不足で悩みながらも、お昼寝にたくさん時間をとれない状況です。

少しだけ仮眠・・・のつもりが、
普段の睡眠不足が祟ってついつい熟睡。
起きると予想外に時間が進んでいて予定をこなせず後悔。
なんてことありませんか?

私の場合は職場復帰前の専業主婦時代、赤ちゃんのお昼寝中済ませたい家事があるのにも関わらず
赤ちゃんが起きるまで一緒に爆睡。
結局何もできず、という事がよくありました。
明らかに体調不良の時はもちろんじっくり体を休める必要があります。
しかし体調はいいのに睡魔に負ける、という「時間の無駄」を無くすと、効率的に毎日を過ごすことができるはずです。

3.パワーナップを成功させるために

成功のカギは「20分で起きれるかどうか」です。
そこでおすすめしたいのがカフェインを取った後の仮眠。

カフェインは体の中に入ってから30分経った頃に覚醒効果が出始めます。
なので仮眠に入る前に摂取すれば、30分以上眠ってしまう確立も低くなるのです。

パワーナップは、仮眠を取るときの態勢は指定していません。
横になるとついつい眠り過ぎてしまうようなら、机に突っ伏した状態や、座った状態でも効果を実感できます。

お仕事をされている場合は、お昼休みの時間が決まっているので寝すぎる心配はありません。
しかし自分で時間管理をしている場合、パワーナップは簡単そうでなかなか成功しないことも。
20分で起れると、すっきり感がありますし、時間も有効に使えます。
一度成功してしまうと、こつを掴んだ上にそのメリットも十分実感できるはず。
そうなると「ついつい眠り過ぎて後悔」なんてこともなくなります。

まずは実行してみて、自分に合う入眠方法を研究してみて下さい。

ちなみに私の専業主婦時代は、子どもが眠る前にコーヒーか紅茶を飲み、一緒にベットへ。
子どもが眠ったら携帯のアラームを25分にセットしていました。
(最初の5分は眠っていない、という個人の判断でW)
今はお昼休みにランチ後のコーヒーを飲んだ後、休憩室の机に突っ伏して寝ています。
どちらも確かに起きた後スッキリ!
でも慣れるまでは起きる時に辛さを感じました。
習慣にしてしまえば、辛さもなくなりますし、このすっきり感はやみつきです。

スポンサーリンク

4.昼寝との違い

昼寝とは特に時間を決めない、昼食後の睡眠の事。
幼い子どもにとっては、昼寝をする事で好奇心や問題解決能力が増したり、
学習能力が増すなどメリットがあるという事で、
ほとんどの保育園でお昼寝の時間が取り入れられています。
(最近は幼児のお昼寝の良し悪しについて議論はあるようですが)

しかし大人にとって、
この時間を決めない「お昼寝」はデメリットばかりになってしまいます。
具体的には30分以上お昼寝をしてしまうと深い眠りに入り、
寝起きが悪く爽快感はなくなってしまいます。
ダルさが増して午後の作業効率も低下。
夜の睡眠に影響が出て、夜なかなか寝付けないと翌朝の起床時間に関わります。
また、認知症の発症率があがったり、老化をはやめるという、女性には怖い情報も。

お昼に仮眠を取る時はパワーナップを意識することが大切!
昼寝とパワーナップの違いはズバリ、深い眠りに入る前に起きるかどうかです。

5.まとめ

睡眠不足を確実に補ってくれるパワーナップですが、
自分の体と相談は必要です。
吐き気やめまい・頭痛など明らかに体調不良の症状が出ているにも関わらず、
無理をする為にパワーナップを取り入れてしまうと
本当に体を壊してしまいます。
体調不良の場合は家事はそっちのけで、毎日の生活を見直してみるのが先決。
あなたの容量を超えたTODOやストレス、食生活、周りの理解の状況を見直してみて下さい。

元気なのに午後にどうしても睡魔が襲ってくる、
なんだかイライラする、
ボーっとしてしまう。
そういった睡眠不足の軽い症状に最大限の効果を発揮します。

できればストレスが溜まり溜まってしまう前にパワーナップを取り入れて、
日々少しずつストレス解消、睡眠を補っていきましょう。

スポンサーリンク

(Visited 1,640 times, 5 visits today)
関連ユニット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です