子育てに向いていない人とは~イライラした時に自己嫌悪に陥るママ達へ

こんな小さい子どもにイライラしてしまうなんて、私は子育てに向いてないんじゃないか・・・なんて思う事ありませんか?

そんな時って自己嫌悪に陥っていると思います。自分を責めて、子どもの寝顔を見て反省しているんじゃないでしょうか?

でも子育てにイライラするのは当たり前の事です。

私も「子育てに向いていない」と思っています。でも最近は「向いていない人=向いている人」なんじゃないか、と感じているのです。

スポンサーリンク

子育てに向いていないと思う時

自分に余裕がなくて、子どもが思い通りに動いてくれない時はイライラ。そんな時に「私は子育てに向いていない」と思ってしまいます。

他のママさん達に話を聞いても、ほとんどの人が「私は子育てに向かないと思う」と答えます。

ある日子どもたちが通っている保育園の先生に、育児に自信がないことについて相談した事があります。びっくりすることに先生も、「私も育児悩んで、自分には向いていないと思ってた」と話していました。(子どもたちも先生の事が大好きで、とっても信頼できる先生です。)

どんなに温厚そうに見える人でも、子育ては他の仕事とは比べ物にならないくらい精神的に疲れる大仕事。イライラしないわけがないのです。

普通の仕事でこんなに大変ならすぐに辞めてます。でも母親業はやめる事ができません。

きっと世の中のママさんはみんな同じ気持ちです。

子育てに向いている人ってどんな人?

逆に子育てに向いている人ってどんな人なんでしょうか。

  • 子育てを心から楽しんでいる
  • 24時間子どものお世話にストレスを感じない
  • イライラする事がない
  • 自分の時間がなくても平気
  • どんなに散らかされても平気
  • 作った食事を投げられても平気
  • 寝不足でも平気
  • 育児も家事も完璧にこなす
  • いつでもニコニコ笑顔

ここまで完璧な人がいれば「子育てに向いている」と自信をもっていいと思います。

でもあまり現実的ではないですよね。

スポンサーリンク

子育てにむいていないほうがいい

仮に、その現実的ではない“子育てに向いている人”がいるとします。

子どものお世話が大好きなママに育てられた子どもは、自分の事を自分でできるようになるんでしょうか。

100%完璧なママに育てられたら幸せになれるわけではありません。

ママに足りないところがあると、子どもはその分成長します。

ママがイライラするのを見て子どもは“怒り”の感情を知ります。

ママが子どもの為に、感情コントロールを頑張ると、子どもは愛情を受け取ります。

ママが成長するごとに子どもも成長!

子育てに向いていないママの子どもは、成長する項目も増えるのです!

あなたは子育てに自信をもっていい!

この記事を読んだあなたはきっと、「私は子育てに向いていないんじゃないか」と悩んでいるんだと思います。

でも私が思う子育てに向いていない人は「子育てに関心がない人」です

子育てに関心がなければ、子育てで悩むことはないはずです。悩まなければこの記事をここまで読むこともないですよね。

子育てで悩んでいる=最終的には“子育てに向いている”と考えて正解です!

さいごに

「イライラして毎日が楽しくない」

そうなると、自己嫌悪に陥って、ネガティブになり、「自分は育児に向いていないから」と更にダークサイドへ潜り込んでしまう心配があります。

子育てにイライラはつきもの!そう割り切って、まず毎日頑張っている自分を褒める事から始めてください☆

(Visited 18,847 times, 13 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする