自己中な夫対策には妻が自己中になること?夫を変える一番早い方法とは

自己中は夫には悩まされます(+_+)

でも「この人は何をしても変わらない」と決めつけるのは早すぎます。

人が変わるには時間がかかるのです。

そして結果を出すキーワードは“自分中心”です。

スポンサーリンク

夫を変える方法

夫にもっと家事を手伝ってもらいたい
子育てにもっと参加してもらいたい

そう思ったらまずやるべきことは、あなたが夫の気持ちを想像してみることです。

家事のやり方が分からない、子どもとの接し方・遊び方が分からない、家庭における自分の家事育児の必要性を感じない・・

その言い訳として「俺は忙しい」「疲れてるから休日くらいは・・」という“自己中夫”にたどり着いているかもしれません。

しかも本人はその原因に気づいていないことがほとんどです。

そうなると、夫は変えることができます。

正しく言うと“変える”のではありません。

あなたが夫に対する見方や考え方を変えることで、夫に「重要な存在」であることを再確認させ、「気づき」を与えて「やる気」を引き出し、結果として夫自身が自分を変えていくのです。

人は変わることができるのです。
→具体的は解決案はこちら

人は少しづつ変わっていく

とはいっても、人は急に変わることはできません。本当に少しづつ変わっていきます。

あなたが夫に対する考え方を変えるのも少しづつ、態度を変えていくのも少しづつ。

夫も、あなたのその変化を感じ取るのも少しづつ、夫自身の考え方が変わりそれが態度にでるのも少しづつです。

一週間・二週間ですぐに結果が出るものではないのです。

スポンサーリンク

夫ではなく“私”を心の中心におく

すぐに結果を出そうとすると、「私ってやっぱり駄目なんだ。夫はやっぱり変わらないんだ」と、さらに絶望することになってしまいます。

結婚生活は長期戦!

もっと長い目で見ていいんです。子どもがゆっくり育っていくように、夫婦もゆっくり育っていきます。

確かに、「今が辛いから、早くこの辛い状況をどうにかしたい!」と焦る気持ちは分かります。

でも焦っても解決しないのです。

辛いと思ったら、夫をどうにかする・夫のせいにして苦しい状況を嘆くではなく、自分が心地よく生活していくためにはどうしたらいいのか・自分が今、心地よく生活できていないのはなぜなのか?

誰かを言い訳にせず、もっと自分中心に解決方法を考えてみてください。

さいごに

自分の幸せは誰かから与えられるものではなく、自分で気づいて作り上げるものです。

夫を変える一番の近道は、焦らず、自分中心でいること。

夫の気持ちを想像してみることも、自分中心でいるためのコツ。想像してみて、じゃあ私に何ができるんだろう?です。

仕事に家事、子どもの世話に夫の世話・・・

忙しくて忘れがちな“自分の事”を考えることが、夫婦円満・家庭円満の秘訣です。

(Visited 31,948 times, 16 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする